さやえんどうのビスマルク風

かっこよく気取って「ビスマルク風」とか言ってみましたが、結局は目玉焼きをのせてしまえば、みんなビスマルク風。って言っていいのであれば、パズーパン(ラピュタパン)も、ビスマルク風の一つなのでしょうか。
ならば、私個人としては、目玉焼きをのせた料理は、ビスマルク風ではなく、パズー風と呼びたいところであります。
では、さやえんどうのビスマルク風改め、パズー風のレシピを紹介します。

材料(1人分)

  • さやえんどう…10枚~
  • 新じゃが…約50g
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 卵…1個
  • 塩…少々
  • ブラックペッパー…少々
  • 粉チーズ…お好みで

作り方

  1. さやえんどうは、へたと筋を取り除き、新じゃがは、よく洗って皮ごと薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、1.を炒め、塩、ブラックペッパーで味をととのえ器にうつす。
  3. フライパンで半熟の目玉焼きを作り、2.にのせ、ブラックペッパーと粉チーズをふりかけていただく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました