さやえんどうのたまごのサンド

味や、匂いって、記憶に強く残りますよね。加えて私は食感?触感?も記憶に残りやすいほうです。
たまごサンドで思いのだすのが、遠い昔に京都の河原町で食べた、名物たまごサンド。味や、匂い、食感と触感を今でも覚えています。
今回のレシピは、いわゆるノーマルなたまごサンドだけれど、さやえんどうのシャキシャキした食感が(自分の)記憶に残ります。
ちなみに、京都の名物たまごサンドは、店主引退後、別のお店で受け継がれております。人々の記憶に残る、受け継がれる味って物語があって、それだけで素敵です。

材料(1人分)

  • さやえんどう…10枚~
  • 卵…1個
  • マヨネーズ…大さじ2/3~
  • 粒マスタード…小さじ1
  • 塩…少々
  • ブラックペッパー…少々
  • 食パン(8枚切り又はサンドウィッチ用)…2枚

作り方

  1. さやえんどうのへたと筋を取り除き、塩少々(分量外)を加えた熱湯でさっとゆでて粗熱をとり、斜めに細切りにする。
  2. 1.の湯を再沸騰させ、卵を8~9分茹でたら、冷水で冷やして殻をむき、黄身はフォークでつぶし、白身は粗みじん切りにする。
  3. 2.と塩、ブラックペッパーを混ぜ合わせ、マヨネーズで味を調える。
  4. 食パンに粒マスタードをぬり、3.と1.をのせてもう一枚の食パンではさみ、お好みの大きさに切っていただく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました