さやえんどうとエリンギのピリ辛炒め

さやごと食べる絹さや、実とさやを食べるスナップえんどう。体の余分な水分を排出してくれたり、イライラの解消にも効果があるそうです。
ゴールデンウィークも終わって早2週間。週の真ん中憂鬱な水曜日を、さやえんどうで乗り越えます。

※ちなみに、えんどう豆の新芽が「豆苗」で、エンドウ豆の実がグリーンピース。完熟したえんどう豆を乾燥させたものが、みつまめや豆大福のでおなじみの豆です。

材料(1人分)

  • さやえんどう…10枚~
  • エリンギ…50g
  • 新ごぼう…20g
  • 鷹の爪…少々
  • オリーブオイル…大さじ2/3
  • にんにく(すりおろし)…小さじ1
  • 塩…少々
  • 醤油…少々
  • ブラックペッパー…少々
  • 粉チーズ…お好みで

作り方

  1. さやえんどうは、へたと筋を取り除き、新ごぼうは皮を包丁の背でこそげ取ってささがきにし、サッと水にさらしてしっかり水気を切る。
  2. フライパンで、オリーブオイル、にんにくのすりおろし、鷹の爪を熱し、さやえんどう、新ごぼう、エリンギを炒め、塩、醤油、ブラックペッパーを入れる。
  3. 器によそい、お好みで粉チーズをふりかけていただく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました